イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

鎮宅霊符神社 公納堂町の路地奥 西尾美也

期間: 2016年09月03日(土) ~ 2016年10月23日(日)

このイベントは終了いたしました

 
 
  • [鎮宅霊符神社] ボタン/雨
    [鎮宅霊符神社] ボタン/雨
  • [公納堂町の路地奥] 人間の家
    [公納堂町の路地奥] 人間の家

 

  • 会場 鎮宅霊符神社
  • 会場 公納堂町の路地奥
  • 鎮宅霊符神社
  • art_nishio02

 

アーティスト 西尾美也
タイトル [鎮宅霊符神社] ボタン/雨

[公納堂町の路地奥] 人間の家

作品概要 かつて呉服商が営まれていた公納堂町の路地奥では、市民参加型の公開制作を行います。具体的には、ならまちの住民から古着を集め、四角に切り抜いてつなぎ合わせ、人が集えるパッチワークの家を作ります。また、その過程で古着から取り外したボタンは、鎮宅霊符神社に奉納します。そこではボタンが、天体/雨となって展示されます。
服を集めたり、切ったり、つなげて巨大化したり、雨ざらしにしたり、ボタンを奉納したり……。祈りや占い、あるいは古都奈良であるからこそ現在も営まれているさまざまな価値創造的な行為に着目し、服の使い方や意味に変更を加えることで、現代のファッション産業や資本主義社会に象徴される目的合理的な行為を相対化してゆきます。
会場 鎮宅霊符神社
かつて多くの陰陽師が居住していたとされる陰陽町にある神社で、江戸時代に幕府から暦の出版を許された陰陽師(暦氏)によって守られてきました。坂道の頂上にあり、暦に欠かせない北極星を正面に見ることができる場所とも言われています。
公納堂町の路地奥
江戸時代から昭和初年まで呉服商が営まれていた跡地で、現在は格子戸の奥に続く路地の両側に町家を改修した店舗が並んでいます。奥行の深い奈良町の敷地らしく、路地の最奥には蔵が残る広い空間があります。この空間を使い、ワークショップや作品制作、展示を行います。
作品鑑賞時間 鎮宅霊符神社
9:00 ~19:00・無休
公納堂町の路地奥
9:00 ~17:00・無休
プロフィール 西尾美也1982年、奈良県に生まれる。装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目し、地域住民や学生との協働によるプロジェクトを国内外で展開する。六本木アートナイト2014ではテーマプロジェクトを手がけ、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館の三か所で大規模なインスタレーション作品を制作。2016年にはあいちトリエンナーレ、さいたまトリエンナーレに参加するなど全国各地で作品を発表している。現在、奈良県立大学地域創造学部専任講師を務める。