イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

北風呂町の倉庫 宮永愛子

期間: 2016年09月03日(土) ~ 2016年10月23日(日)

このイベントは終了いたしました

 
 

作品イメージ

雫 -story of the droplets-

 

  • 北風呂町の倉庫
    北風呂町の倉庫

 

アーティスト 宮永愛子
タイトル 雫 -story of the droplets-
作品概要 通りの喧噪を一本入ると古い木造の染物屋倉庫が現れる。昔はたくさんの竹竿に日々染め上げられた糸が吊るされ、賑やかに仕事をされていたという。風を通す鎧張りの壁に囲われたこの建物を初めて訪れた時、染めたての糸が静かに風に揺れる在りし日の光景が、鮮やかに浮かび上がった。使われなくなって既に何十年も経ったこの空間が、記憶とともに今も大切に残されている。
はじめは高いところばかりを見上げていたのだが、靴の裏に見つけた色の痕跡から、ふと足元の地面が見上げて来た物語を探したくなった。未開封のまま、様々な出来事と長い時間を片隅で見つめてきたガラス瓶を中央に招こう。少し眩しそうに話してくれた記憶の物語が、ひと雫ごとに描かれていく。
会場 北風呂町の倉庫
北風呂町に残る大正時代から昭和半ばまで続いた染物屋の倉庫。
見事な蔦に覆われた壁には、染めた反物や糸を乾かすため常に風が通るように工夫がされていて、一見の価値があります。
(作品鑑賞時間9:00 ~19:00・無休)
作品鑑賞時間 9:00 ~19:00・無休
プロフィール 宮永愛子1974年、京都府に生まれる。ナフタリンや塩、陶器の貫入音や葉脈を使ったインスタレーションなど、気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品で注目を集める。2013年、第1回日産アートアワードでグランプリ受賞。これまでに、主なグループ展として日産アートアワード2013(BankART Studio NYK)、あいちトリエンナーレ2010(愛知芸術文化センター)などで作品を発表している。そのほかミヅマアートギャラリー、国立国際美術館などで個展多数。
photo by MATSUKAGE Courtesy Mizuma Art Gallery