イベント情報_東アジア文化都市2016奈良

薬師寺 シルパ・グプタ(インド)

期間: 2016年09月03日(土) ~ 2016年10月23日(日)

このイベントは終了いたしました

  

作品イメージ

光のない影

 

  • 薬師寺
  • 薬師寺
    天武天皇が皇后(のちの持統天皇)の病気平癒を祈願して建立された薬師寺。
    710年の平城京遷都にともない藤原京から現在の地に移されました。白鳳様式で建てられた奈良時代の東塔(国宝・解体修理中)のほか鎌倉時代再建の東院堂(国宝)があります。

 

アーティスト シルパ・グプタ(インド)
作品名 光のない影
作品概要 国際的に注目されるインドの現代アートシーンで最も活躍する作家。インドから千年を経て日本に伝わり、奈良で花開いた仏教の歴史、伝播、変遷の中からアートを検討。人体と雲や家などの頭部を輪郭だけで表現した、空間に溶け込む彫刻作品。
会場 薬師寺(地蔵院)
所  在 奈良市西ノ京町457
交  通 近鉄西ノ京駅下車すぐ
拝観時間 8:30 ~17:00(受付は16:30まで)・無休
拝 観 料 大人・大学800 円、高校・中学500 円、小学200 円
*9月16日より、玄奘三蔵院伽藍公開時にあたるため、大人・大学1,100円、高校・中学700円、小学300円。
*作品が設置される玄奘三蔵院伽藍南側の地蔵院前は無料で見学可能。時間8:30 ~17:00
行事情報はこちら
開催期間 2016年09月03日(土)~2016年10月23日(日)
作品鑑賞時間 9:00 ~17:00
料金 作品鑑賞のみなら無料
プロフィール シルパ・グプタ(インド)1976年、ムンバイに生まれる。人間の知覚と情報が伝達、理解される過程に関心をもち、既成品からビデオ、コンピュータ、パフォーマンスまで、多様な媒体による作品を通じて、想像上のものに過ぎない社会的な境界や分離が固定化されている状況に疑問を投げかける。シンシナティ・アートセンター、アーヘン近代美術館など美術館での個展多数。リヨン・ビエンナーレ(2009年)、横浜トリエンナーレ(2008年)など世界各地の主要なアートフェスティバルに参加するほか、テート・モダン、森美術館、グッゲンハイム美術館などで作品を発表する。ムンバイ在住。